お知らせ

以下在スイス日本国大使館メール引用

●29日、スイス連邦政府は、オミクロン株発生を受けた水際措置強化対策として、変異株がまん延する国・地域リストの更新を行い、日本が対象に指定されました。

●ワクチン接種及び感染回復歴の有無にかかわらず、日本からの入国者は陰性証明提示に加え10日間隔離、4日目から7日目の間の再検査、空港からの公共交通機関の利用の禁止が新たに義務づけられます、

●新たな措置は、11月30日より適用されます。

 

【日本からの入国者に対する新たな措置】

(1)入国時の陰性証明書提示

16歳以上の場合、ワクチン接種及び感染回復者歴の有無にかかわらず、陰性証明(PCR検査もしくは簡易抗原検査(Antigen-Scnelltest))の提示義務が課せられます。

(2)10日間の自己隔離

全ての入国者は、子供を含め、ワクチン接種及び感染回復者歴の有無にかかわらず、入国フォームの登録に加え10日間の隔離義務が課せられます。

○入国フォームはこちらから登録できます。

 https://swissplf.admin.ch/formular

(3)入国後のPCR検査受検及び報告

さらに、入国後、4日目から7日目の間に、2回目のPCR検査もしくは簡易抗原検査を受け、各州当局に検査結果及び入国フォーム登録番号を報告する義務が課せられます。 

(4)空港から移動時の公共交通機関の利用が禁止されます。

 

〇参考:連邦保健庁(BAG)ホームページ:懸念される変異株が蔓延する国リスト

https://www.bag.admin.ch/bag/de/home/krankheiten/ausbrueche-epidemien-pandemien/aktuelle-ausbrueche-epidemien/novel-cov/empfehlungen-fuer-reisende/liste.html

○国外におけるワクチン接種者等に対するスイス政府コロナ証明の発行

日本のワクチン接種証明書をお持ちの方は、スイスのコロナ証明(COVID certificate)の発行が可能です。

https://covidcertificate-form.admin.ch/foreign


日本に寄港の際に必要な書類(厚生労働省)

  • スイス出国72時間以内に受けたPCRテストの陰性証明
  • 誓約書の提出
  • スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用
  • 質問票の提出

    詳細は厚生労働書のWEBをご覧ください。随時変更の可能性がありますので、ご了承下さい。

スイスから日本へ帰国の際、指定の場所で3日間の隔離(12月3日午前0時以降適用開始)

 


2021年のツェルマット/スイス旅行に関するご質問など受け付けています。


休業期間変更のお知らせ

2021年5月28日より7月04日の間、登山遠征のためオフィスを一時休業とさせていただきます。 夏のご予約、ご相談などは7/5日から受付させて頂きます。(2021年5月24日改定)

 

2021年5月22日より6月30日の間、登山遠征のためオフィスを一時休業とさせていただきます。 夏のご予約、ご相談などはお早めにご連絡ください!


今シーズンの弊社ウインターハイキング、観光、スキーガイドライン

  • 1グループ参加者最大4までとさせて頂きます。(4名までに変更2月20日更新
  • 熱や咳などがある方はご参加をお控えください。
  • ご自身でマスクをお持ちください。(リフトなどでも必要ですので、紛失に備えて予備もご持参ください)
  • ハンドサニタイザーを持参下さい。
  • 野外においても他の方と2m以上の距離を取ってください。
    規定などが変更になる可能性がありますので、詳細はご参加前に弊社にお問い合わせください。

現地情報
コロナ感染が広まり現時点でスイス国内では野外で集まる最大の人数は5名まで(州によって異なります)

レストランは現在閉鎖

日本からの観光目的の入国は出来ません。

2020年2月20日現在


メールでのお問い合せはこちら

info(at)active-mountain.com