gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-117321589-1');

Expedition blog

by active mountain

K2

K2 | 2018【中止】

2018年Himalayan ExperienceのK2遠征は残念ながらキャンセルとなりました。

他のチームと合同でルート開拓する予定でしたが、他のチームがキャンセルとなりコスト面で単独でルート工作は困難と判断したためです。

2019年に延期となりましたので参加希望者が居られましたらご連絡ください。メール

田村真司/ActiveMountain


K2 | 2018 【中止】

K2


2018年 K2の遠征は6月5日 イスラマバード集合 8月14日の予定です。
参加メンバー
Mr.Rene Bergsma (NL)
Mr.Takayasu Senba(JP)
Mr.Naoki Ishikawa(JP)
Mr.Kin Man Chan(HK)

ガイド
Mr.Shinji Tamura(JP)

チームリーダー/ベースキャンプマネージャー
Mr:Russell Brice(NZ)


K2 8611m | 2017

K2


2017年 K2ヒマラヤン・セクスペリエンスの遠征メンバー
(全員過去にエベレスト登頂経験と8000m峰に2回以上の登頂経験者)

Mr.Renee Bergsma / NL
Mr.Takayasu Semba / JP
Ms.Rochelle Rafferty NZ
Mr.Adam Parore /NZ
Ms.Jing Wang / CN

Mr.Mark Woodward /NZ(Guide)
Mr.Shinji Tamura /JP(Guide)

Mr.Russell Brice / NZ (Team leader)

現地からのアップデートは弊社のフェイスブックをご覧ください!


K2 8611 | 2017

K2

今年もK2(8611m、世界2番目の高峰)の遠征に行く事になりました。

2015年、2016年は続いて敗退しましたが、今度こそは頂上にメンバー全員と立ちたいところです。8000m峰の公募登山は冒険的要素もあり必ず登れるという所ではありませんが、このところ各隊の経験値も上がり、高所についての理解もこの20年でかなりの進歩もあった気がします。マナスル、チョーオユー,エベレストなどは安全性も高まり成功率もがっているので、公募隊に参加すれば100%頂上に立てると思う方も少ないと思います。但し8000m峰では体調や様々な理由で登れ無くなる事もあります。公募隊としては出来るか限りの登頂を目指しますが、危険度が高まった場合は中止になる事もあります。まあそれが一つの登山の在り方かなと、、、、無謀ではなく出来る限り安全な登頂を!というのを忘れないことが重要です。

この2年K2を連続敗退して思う事は、エベレストよりステップアップした冒険になると思います。技術的な困難さは私達の優秀なシェルパが居れば切り抜けれますが、雪崩や落石がK2では頻繁にあり、これを避けながらの登頂がなかなか難しいものがあります。といった理由でK2は今までにも3-5年に1回しか登頂者がでないといったところでしょう。 無理をし過ぎれば事故になる可能性が大です。もちろんラッキーで初めての参加で登れる人もいると思いますが。

公募隊としては新しい領域でチャレンジ要素も高い山です。自然に対する観察力、雪崩の予知など最大限に感覚を研ぎ澄まし安全を確保出来るようにしたいと思います。この緊張感が登山の楽しいところですね。ただ一線は越えないように、、、、

K2 2017公募隊



K2 8611m | 2016

2016年K2の登山遠征 MadisonMountainのオーガナイズによりHimalayanExperienceジョイント登山
HimalayanExperienceのガイドとして田村真司が同行。
K2は世界で第2番目の高峰(8611m)
パキスタンの首都イスラマーバードに集合、スカルドゥまで飛行機で移動その後スカルドゥからアスコールまでランドクルーザ移動、アスコールからBCまではトレッキング
頂上へ向かう際、C1滞在中の朝、山の上部で雪崩がありC3のテント、装備が流されたため登頂を断念。


イスラマバードのファイサル・モスク


イスラマバード


スカルドゥのマーケット


スカルドゥのマーケット


スカルドゥの街


インダス川


K2遠征メンバー+トレッカー


アスコールに向かう途中の川の氾濫


アスコールに向かう途中の川の氾濫


アスコールに向かう途中の川の氾濫


BCまでのポーター


BCまでのポーター


ポーター


仙波sんパイユキャンプ



Braldu川



トランゴタワーズ
















ブロードピーク


K2

























K2 bc


K2